えいぺっくす庵

蕎麦打ちやったり走ったりしてます。ごくまれに仕事の話もでてきます

東京チャレンジマラソン2021秋大会

朝起きたら寝る前に貼ったロキソニンテープが効いたのか左太もも内側が痛くない?その場で腿上げしても違和感も痛みもなさそう。これならいけるかと出場するつもりで朝食を取る。普段は朝ご飯食べないけどフルマラソン走るなら十分な補給がいる。酵素玄米ご飯、味噌汁、目玉焼きあとはカステラ4切れ。マラソン中の補給は芋羊羹2個でいく

f:id:garichichi:20211128141641j:image

8時過ぎに家を出る。試しに家の前で走ってみると、よし痛みはなし。

 

いや!違和感とわずかに痛みもあるぞ!起き抜けで痛みがなかっただけか。どないすんねーん。と一気にテンションダダ下がりで電車に乗る。

 

荒川の河川敷を走るコースで赤羽岩淵駅まで。乗り換えがないので便利だった。とりあえず電車に乗ってる間に出した答えは、痛み止めを飲んで走ることにした。今回はタイムありきなので走りだしてもし痛みが酷そう、もしくは想定していたペースでは走れないとわかったら早めに切り上げることにしよう。コロナ禍でも草レースは結構開催されていて直前エントリーもできるのでこのレースに拘る必要もない。薬局で痛み止めを買って1時間後にはレースなので即服用する。

 

会場到着で天気は晴れで、この時期相応の気温だが結構風があるので体感温度はそれよりも低く感じる。この大会の特色は制限時間が4時間と中級者以上向けでペーサーがサブエガ、サブ3と10分ごとに居てタイムが狙いやすい大会になってる。私はサブ315(完走タイム3時間15分以内)を狙っているがサブ310、サブ320のペーサーしかいないので、とりあえずペースの速いサブ310ほうで着いていって前半貯金を作ってどこかのタイミングで集団から離れて後はイーブンペースを目処に走ってペース落ちたら貯金を取り崩していく作戦でいく。

 

10時スタート。フルマラソンは800名以上いるのでスタート直後は渋滞しているが2kmくらい走ると落ち着く。走り出してすぐに痛み止めが効いてるのがわかってなんとか走れそう、どれくらい持つかは不明だが。

 

サブ310ペーサーを発見してついてく。キロ4‘30’‘ペースなのでこれで42kmは1人だと走れないけど集団のなかで風よけありきだったらいけるんじゃないの?とか思ってついてく。キロ4‘30だけど実際はキロ4‘28’‘とか4‘26’‘とかラップ刻んでいくもんだから先行き不安になる。最後まで着いていくのは無理そう。

 

ここコースは往復7kmコースを6往復してフルマラソンの距離になる。今日は風が強いので往路は追い風で復路は向かい風になる。アップダウンは1箇所だけで大したことないがそこに向かい風があわさると心理的ストレスはそれなりにある。

 

2往復目序盤までサブ310のペーサーについていたけど徐々に集団後方に下がってあとは後ろから上がってきた足並みがあいそうなランナーと一緒に走る。

 

20kmを過ぎたあたりから両足がピクつく。普段の練習でもこのペースと距離ならそんな事にはならないけど、冷たい風にさらされることで筋肉へのダメージがあるのか昨日の股関節回りの損傷のせいか。

 

とりあえず20kmで2分弱の貯金ができたので後半のペースダウンに備えれそう。補給は15kmと30kmあたりに羊羹1個ずつ食べる。水分は運営が用意してくれてる薄めたスポーツドリンクと水をこまめに取っていく。未だこれをとるのが上手くないせいか今回は目にスポーツドリンクが入って滲みた

 

30km超えるとくる前腿はもちろんの事ハムストリングもピクピクし始める。水分不足か?残り12kmちょいだから普段の朝練習の距離なので1時間で終わるから大したことないやと思うようにする。若干意識朦朧としてきて低血糖か。しかし自転車レースの時もそうだけどあまり補給すると運動中の消化能力が低いせいか食べてもエネルギーになりづらくむしろ気持ち悪くなる。

 

イーブンペース+αで走っているので、後半ペースを上げる同じサブ315狙いのランナーが追い上げてくるので、コバンザメのように着いていく。こっちはペースダウンしてて後半に余力が残っているランナーだと少しペースが早くついてけないことも。それでも復路の向かい風区間だけは無理して着いていくだけのメリットもあるので頑張る。もうほんとうに朦朧としてきて集中力も欠けてフォームも乱れてきた。あーキツくてやめたいってのが頭の隅にチラつくけど唯一の救いはおそらくこのまま大崩れしなければサブ315達成できるだろうという希望だけで走ってる。

 

両前腿がマジでいつ攣ってもおかしくなさそうな状態でこれ立ち止まったら再始動できないやつ。

最後の1往復を折り返して後半3.5kmは向かい風でスピード全く出ない。キロ5分前後でしか走れない。貯金があってこのペースでもサブ315いけるとわかっているせいかブレーキが掛かる。確かに無理してここで脚が攣って走れなくなるとジ・エンドなので追い込みすぎないように。最後の2kmがもう苦しいのなんの。

 

最後の垂れっぷりをご覧ください

f:id:garichichi:20211128170218j:image

 

ゴール。目標サブ315達成。走り終えて座り込んだら立ち上がれないくらい。昨日の股関節のダメージで一時はどうなるかと思ったけど結果オーライ。来年3月以降にもう1本レース出る予定。

f:id:garichichi:20211128143010j:image

f:id:garichichi:20211128143018j:image

 

走り終わったら穴開いてた

f:id:garichichi:20211129074901j:image