えいぺっくす庵

蕎麦打ちやったり走ったりしてます。ごくまれに仕事の話もでてきます

新年度

7月から新年度がスタートしたました。

 

6月の売上はコロナ前と比べても遜色ないとこまでに回復しました。スタッフの尽力のお陰もありコロナ禍を通して基本は赤字を出すことなく運営できてます。大切なのは継続だと思っているので売上が低かろうが赤字さえ出なければこの状況が何年続こうとやっていける。売上が増えるっていいことに聞こえるけど、売上が大きいと1,世の中の変動リスクに晒される、2, 固定費が大きくなる。3,流行で大きくなった売上はいずれ萎む(タピオカディスらないで!)

 

今は淡々とやっていく。改めてコロナの中でちょっと浮き足立ってたとこに基本に立ち戻って取り組めたのは良かったと思ってます。そのうち足元も固まって少しアクセル踏めるのが楽しみです。