えいぺっくす庵

蕎麦打ちやったり走ったりしてます。ごくまれに仕事の話もでてきます

電話応対について

ハムストリングに張りがあったので今朝はジョグ。ゆっくり走るのも大事、7kmちょい

 

引越しに伴って大阪のビジネスフォンが新しくなって各店舗間を内線化できるらしくて朝から工事が入る。他にも可能性が広がる。うちは原則ご予約はネットオンリーだけど結構問い合わせの電話も多い。メールはもちろん異様にレスポンスが早いチャットでの応対もしているけどやっぱり架電が多い。

 

今後、現場の負担を下げたいので電話のシステムを活用したCTIとかIVRってやつをそのうち入れたいと思ってる。

CTI はComputer Telephony Integrationの略だそうで、コンピューターと電話のシステムを統合することで掛かってきた電話番号をもとに顧客情報をCRMから検索してコンピューターの画面上に表示させることが可能になる。顧客管理システムを参照して電話帳情報をもとに相手がどういった顧客か把握したり、やり取りがある場合は無駄なやりとりを省けてスムーズな応対ができる。しかし見積もり取ったけど高い、、、

 

IVR はInteractive Voice Responseの略でお客さんがかけてきた電話に対して、要件にあったオペレーターにつないだり、応対できるまで待っていただいたりするために、自動で応答できるようにした仕組みでよくコールセンターにかけた時によく聞くやつ。

 

音響機器コロナ禍では相性が悪いですが少しずつですが問い合わせ頂いてます。