シナジー忘年会@山西亭

ドリルなしでZWITでレース。スタート直後の先頭集団のスピードにはついていけなくて後続のまったりした集団で40分以上走る。極端にペースあがることなくまったりと。登坂と集団から千切れそうになりそうなときだけ踏めば凌げるのでヒルクライムとは真逆の練習内容になる(TSS55 NP214W 44min)  

 

夜は年1くらい集まりましょうとシナジー忘年会。チームで集まって練習って感じではないのでこの時だけ会うってことも。亮さん推薦の東新宿にある中国山西省の料理を出すお店。前菜は蒸し鶏と野菜の和え物からスタートして。他に白菜の炒め物や酢豚もあったが、今回なかなかの秀逸カーボラインナップ。

 

山西炒涼粉という料理。じゃがいも澱粉から作ったものの炒め物。

乱暴に言うと関東のくず餅の醤油炒め。食感良し

f:id:garichichi:20181208231935j:image

 

名探偵コナン君風言うと「見た目はビリヤニ、味は中華風ハッシュドポテト」どっちも炭水化物なんですけどジャガイモの細切りに小麦粉をまぶして炒めたもの。油を吸ったジャガイモがいい感じです

f:id:garichichi:20181208231954j:image

 

こちらの看板メニュー。2種類のタレにつけて食べる燕麦をつかった麺料理。見た目はハチノスみたいですがピュアなカーボです。素朴なお味で乱暴に言ってしまうと中華風オートミール。

f:id:garichichi:20181209001558j:image

 

初見、青椒肉絲?と思ったそのお肉は蕎麦粉と小麦を混ぜて蒸し固めたものをモヤシなどの野菜で炒めたもの。けっこうな噛みごたえ。乱暴に言うと、汁なしラーメンジロー。パンチがあって旨い

f:id:garichichi:20181208233032j:image

 

マカロニみたいな食感。小麦粉?その名も猫耳麺というオーバー40男10名の飲み会での唯一萌え要素でした。トマトと玉子の炒め物。超乱暴に言うと中華風パスタ。比較的さっぱりして味でグッジョブ

f:id:garichichi:20181208232001j:image

 

締めはもちろん炭水化物で山西省風刀削麺。乱暴に言わなくても刀削麺。もう無理腹一杯、、、

f:id:garichichi:20181208232012j:image

炭水化物祭りの全10品で飲み放題つきで5400円税込。すげーコスパというか、美味しかった。その後、珍しく2軒目へ行って1時近くまで呑んで帰宅。明日も土曜だが仕事だべ