中央アルプスヒルクライム駒ヶ根ステージ

朝5時起床。準備して受付会場へ、今日の受付会場はホテルと目と鼻の先だったので受付を済まして一度ホテルに戻って、そこでアップ。昨日のレースで若干脚が張ってるので心拍もあげつつ脚も回しつつ。

 

7時スタート。今日の年代別クラスは出走は30名超。

で昨日と同様ゴールしてもすぐにリザルトはわからない仕組み。30秒ごとに10名ずつ走るウエーブスタートでそのなかに同じクラスは4名で 昨日優勝した人が同じウエーブに居たので、着いていく

 

しかし昨日同様に1.5Kmくらいで千切れる。

 

そして同じように4㎞地点で昨日は競り勝った人に追いつかれて、昨日との違いはすぐに抜かれて引き離された。それ以外は両日エントリーで同じゼッケンなので、昨日と同じデジャヴ的な展開で10㎞を走る。宮田村高原コースとは違って緩急があってフロントシングル向きではないのは知っていたが事前の試走でギア比的にも問題ないと思っていたが色々しんどいと思ってしまい、いつもに増して踏めてなかった。

 

走り終わってもリザルトはわからないまま、そこから自転車を預ける。自転車は預けて車に積載して下山して受け取る方式。選手はそこからさらにロープウェイで表彰式会場がある千畳敷カールまで上がる。標高2500mでなにもないとこまであがり悶々としたヒルクライマーに提供されるソースカツ丼「お前はホントにストイックなのか」と試される場面。美味しく頂きました!

 

f:id:garichichi:20180611223253j:image

 

表彰式。3位に入賞はしていないとわかっていたが、下山するまで4位以下は自分の順位がわからないままソースカツ丼で胸焼けしたままロープウェイ下って、さらにバスに乗り継いで下山。 

 

下って5位と知る。次、頑張ります・・

 

でもまあ小規模ながらもまた来年参加したいなと思える丁寧な運営だと思う。

(ソースカツ丼でるしね)

 

帰りはほぼ嫁さんに運転してもらって帰宅。

疲れて色々食べ過ぎて、21時過ぎには寝た。