皇居ラン1周

朝起きて、ズームフライでランするつもりがやっぱり億劫だ。

明日にしようかな、そもそも自転車ですら外に走りにいかなのに!(逆ギレ)

そうこうしている間に時間だけが過ぎてく。そしたら嫁さんが明日、明後日は雨だよ教えてくれたので

 

・・・んーじゃあま行きますかと重い腰をあげて家を出る

 

皇居までゆっくりウォーミングアップ。寒いー。

千鳥ヶ淵に到着、2周するか?まあとりあえず1周してから考えよ、走りだす。

 

1キロを5分半弱くらいのペースで。走りだしの感想は、フォアフット気味のシューズとは聞いていたが、それほど違和感なく走れる。それよりもやはりソールの厚さ、オジサンからしたら原宿のギャルってくらい、これがナウなの? 

 

そのせいかクッション性があって確かに脚にはやさしそう。その反面ダイレクト感はない、むしろ地面がを踏む力が逃げてるって?思うくらい野暮ったさもある。実際のシューズ自体は軽くはない。

 

でもまあ自転車のホイールとかも軽いとか細いとかが良いっていう既存の考えも覆されてきているので、同じべクトルのシューズが記録が叩きだしているのは事実として受け止めないと。でもまあとりあえず2年ぶりに走って皇居1周でガラスの膝がピキピキし始めたので今日はこれぐらいでしといたろと、シューズのポテンシャルを一切引き出すことなく家路につく。またちょとずつランやっていこうと思った。