悶絶マッサージ

誰もいないので遅起きで9時前に起きてしまう

午前中は自宅でストレッチから始まり筋トレをしてローラー。

干し芋が食いたい原因を自分なりに模索していたら、どうも腹周りの筋肉の張りがヤバイと気づいた。原因として背中側と前側の筋肉のバランスが悪くて腰が痛く、じゃなかった干し芋が食いたくなってるのではと。だから最近はうつ伏せになって腹の下にフォームローラーを置いて伸ばしている。根本的に治そうと思ったらストレッチで伸ばして腹筋を強くしたほうがいいのかなと思って始めてみる。

 

終わってからローラー

TSS69 240W10min4.1W/kg 250W10min4.3W/kg)

 

そんで午後からマッサージへ。久しぶりに市ヶ谷の悶絶マッサーの施術を受ける。どれくらい悶絶かというと「痛すぎて呼吸ができなくなる」なかなか有名なゴッドハンドらしいが、ハンドは使わずほんと8割くらいは肘でゴリゴリされるのでゴッドエルボーか。肘でゴリゴリされてるときおそらく煙がでてるじゃないかと思うくらいキツイ。

 

60分悶絶。先生曰く背骨の骨同士の間隔が詰まっていてそのせいで背中やお腹などの圧が逃げれなくて腰に負担がかかってるんじゃないかと。ほんまかどうかわかりませんが確かに腰が楽になったのは確かだ。様子見てガンガン使っていってくださいって言われた。

 

遅い昼飯食ったりブラブラして夕方新宿に出て映画を見る。「忍びの国」ってのを、とくに何も考えず見れる映画だった。見終わって一人で立ち飲みイタリアンで飯食って帰る。かえって自宅でも飲んで気が付いたら寝てた。